借地権割合についての評価

国税庁が公表している路線価図には、路線価を示す数字に続いて、アルファベットが記されています。
これは、借地権割合と示すものです。
アルファベットは、A、B、C、D、E、F、Gとあり、それぞれ借地権割合90%、80%、70%、60%、50%、40%、30%を示しています。
一戸建て 売却この借地権割合は、評価の対象となる土地が、貸宅地、貸家建付地、借地権などの場合に用いられます。
たとえば、相続した土地を貸していて、そこにほかの人が家を建てている場合は、その土地の通常の評価額から他人が権利を持っている借地権を控除して評価しなければなりません。
路線価図に300Dといった数字とアルファベットが用いられていれば、そこの評価の計算式は、30万円×0.4となり、評価額は12万円となります。
0.4というのは、借地権割合を差し引いた割合です。
また、ほかの人の土地を借りて、そこに家を建てている場合は、路線価図に300Dといった数字とアルファベットが用いられていれば、そこの評価の計算式は、30万円×0.6となり、評価額は18万円となります。
さらに、土地に貸家を建てて、その貸家を他人に貸している場合の土地は貸家建付地となります。
この土地を評価するときは、その土地の通常の評価額から貸家が建っていてその貸家を他人に貸している部分の評価減をして評価することになります。
路線価図に300Eといった数字とアルファベットが用いられていれば、そこの評価の計算式は、30万円×0.85となり、評価額は25万5000円となります。
0.85というのは、借地権割合と借家権をかけた数字を差し引いた割合です。

MENU